透き通るような美しさ  溢れるほどの愛され肌へ

1/4

大人の敏感肌に潤いを。幹細胞、レチノール、セラミドなど肌が欲しがる成分満喫、贅沢ローション

¥7,480 税込

この商品は10点までのご注文とさせていただきます。

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

【毎日贅沢使いで艶肌美人へ】

肌の弱い方にもお使いいただける、優しいタッチのジェルローションです。
なんと幹細胞は通常の2000倍。肌の生まれ変わりがすぐわかります。
セラミドを贅沢に5種も配合、細胞間脂質の潤いスクワランでプルプル肌をキープ。さらには贅沢レチノールで肌の代謝を高め、日ごとに変わっていく肌の質感が楽しみです。
※レチノールは、皮膚に塗布した場合、年齢やレチノールの濃度にかかわらず血液のビタミンA量が増加することから、真皮まで浸透すると考えられています。


1日3ドロップ、
朝晩2回を続けてください。
1ヶ月1本のペースで続けていただくと3ヶ月ほどで肌の変化がわかります。

エステサロンの上級コースで使用される、実感のあるローションです。
本来ですと美容液として販売するところでしたが、日々たくさんお使いいただける安心素材との調合が上手く開発できたことで、化粧ローションとして販売することになりました。

研究室直結の化粧品工場だからできたこの発想と価格。
本来ですと、30mlで同価格でお出ししますが、社内でのOKをいただき、150mlでご提供させていただいております。

本当に贅沢なローションですので、たっぷりご使用いただき、肌の変化をお楽しみください。

優しくオフする、クレンジングとの併用もオススメです。
【Dr .@more クレンジングジェル 4,180円(税込)】
https://atmore.buyshop.jp/items/69140550

商品をアプリでお気に入り

ここでDr .@moreリバイタルローションの成分構成のスゴさをお伝えしたいと思います。
                                                                      (開発加藤の皆さんにお伝えしたい本心ブログ)

Dr@moreのスキンケア開発は、肌の構造に到達する美容成分のみを厳選し、化粧品業界のまやかしを抜きにした処方を実現することができました。

【知っておきたい肌の構成:基本編】

肌の構成は外界に触れる部分から大きく3層に分かれています。
1、表皮
2、真皮
3、皮下組織


さらに、細かく分かれていますが、最初はこの3層のうち、化粧品成分が表皮にしか到達できない原料が大部分であることを知っていただいき、その上で良い化粧品選びをしていただきたいのが、本音です。

【表皮とは】
表皮はいわゆるご飯の上にかけたサランサップのようなもの。
水分たっぷりの熱々ご飯も、サランラップなしには水分が蒸発し、カリカリに乾燥してしまいます。

表皮はコートのようなもので体を乾燥や温度変化、外敵からの刺激や事故から守る役割をしているので、なんでもかんでも皮膚の中に浸透してしまっては人間の体に危険を及ぼしてしまうんですね。
化粧品の原料と言っても、この表皮が許可してくれないと、中まで到達できないということなんです。👮‍♀️

【皮膚に浸透できるサイズとは?】

基本的に化粧品成分の浸透するのは表皮は大半です。「肌に浸透する」という多くの化粧品メーカーのキャッチフレーズには、わたしたちに夢と希望を与えてくれますが((T ^ T))、実はほぼ表皮、いわゆる角質層の部分に水分を出来るだけ保つほどの役割のみが多くの化粧品の限界でもあります。
お安めの化粧品は特に、そうと言えます。

各メーカーごと、できるかぎり真皮へ達する原料を開発し、できるかぎりわたしたちの美肌の願望を叶えるべく浸透サイズへの挑戦をしているのが現実です。

分子量と言ってもわかりにくいのですが、皮膚に浸透するかのサイズと思って、少しサイズ感をお伝えします。

表皮・・・分子量3000以下の分子を通します。

真皮・・・分子量800程度までの分子を通します。

皮下組織などの血管壁・・・分子量100程度より小さくないと通しません。

お肌の構造について、実はこんな言い方もします。

表皮・・・細胞があるところ

真皮・・・毛細血管、神経があるところ

皮下組織・・・脂肪があるところ

ちなみに、コラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、茶カテキン・・・お肌に良いとされて、よく化粧品の宣伝文句になっているこれらの成分。さて、実際にきちんとお肌に浸透してくれているのでしょうか。

コラーゲン・・・・・10万~30万  ×

ヒアルロン酸・・・・100万以上  ×

コエンザイムQ10・・863 脂溶性 表皮◯

ビタミンC・・・・・176 水溶性  ×

といったところです。悲しい現実ですね・・・・。


Dr@moreにはコラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンCも配合しませんでした。
上記のごとく、外に弾き出されてしまう勿体無い原料を使用せず、角質層で肌をバリアするセラミド、真皮まで到達するレチノール、そして細胞の再生を促す幹細胞培養液のみをという別な処方をし、塗った時の肌の透明感を生み出すような開発を繰り返しました。

【セラミド5種のコンビネーションで肌を守る】

下の図はセラミドが不足している肌の状態です。

赤ちゃんの肌は、白く、潤ってもちもちしていますね。水分量も高く、とてもみずみずしい。
大人になると、だんだん水分量が失われ、カサカサになりがちになっていきます。ターンオーバーが外の環境に追いつかず、角質層の細胞間脂質が不足した状態を指します。

これを多くになっているのが【セラミド】なんです。

私は長く皮膚科に従事し、多くのアトピー性皮膚炎の患者様に接してきました。
この時、医院が独自のセラミド処方でご提供した方が、症状が軽減した、痒みが治ったとの喜びの声があまりにも多く、セラミドのスゴさ、角質層を潤すことの大切さを知りました。
効果効能を促進する薬や、原料でなく、まずは地球環境の変化や外的要因に対し、ヒトが追いつけない、自分の肌を守るためにできることで肌が落ち着く。痒みもなく、また、掻きむしる、顔が赤くなるなどさまざまな症状から解放される喜びは感動ものでした。

多くの方のシワっぽい皮膚、乾燥肌はこのセラミドが不足してます。(下の図の様子)

【保湿、弾力のある肌へ セラミドEOP】

Dr.@moreには、5種の人型セラミドを配合しました。


セラミドEOP
保湿、肌弾力の改善、肌の保護の働き。
人型セラミド。外的環境から肌を守るバリア機能の働きをしている。アトピー性皮膚炎の方はこのセラミドEOPが減少していることが多く、保水機能や痒み、炎症を起こすことが多いんです。
乾燥して痒い、カサカサしているなど肌の乾燥を感じる経験がある方は、日常から補うことが大切です。

【カサカサ肌をうるおい肌へ セラミドAG】

セラミドAG
乾燥肌、カサカサの気なる方に必須アイテム!
セラミドAGは上記のセラミドNGと併せて、肌の水分蒸散を防ぐ機能を持っています。
セラミドは一っ種類よりも複合的に入っている方が肌の保湿効果が上がるのです。
Dr .@moreは5種類のセラミドが豊富に含まれているなんて、なんと贅沢な化粧品であるかがわかります。
化粧品工場直販だからできるこの価格と贅沢処方なんですね。

下記のグラフ(化粧品成分オンラインより抜粋)は、セラミドAGの肌の蒸散バリア機能の結果。
1、セラミドなしの乳液
2、セラミドAGのみの乳液
3、セラミドAG ,NG配合の乳液

セラミド補強によるバリア改善作用(下のグラフ)

【細胞間を潤す重要成分 セラミドAP】

セラミドNG
細胞間脂質のうち21%を占める重要なセラミド。
角質間では細胞の間に、脂肪酸が水分と結びついたラメラ構造を形成することで肌の潤いを保つことできている。
上記の図はラメラ構造が崩れた様子だが、セラミド各種、このセラミドNG(※化学式ではセラミドNDS)が21%と多くの構造成分であるため、肌の保湿、肌の保護にとって重要と言えます。綺麗な肌作りにはたっぷりのセラミドを補って位上げることが何より大切ということがわかります。

セラミドAG.セラミドAP.セラミドNP

【肌のバリア機能を補う セラミドNP】

セラミドNPはそれ単体よりも他のセラミドと複合的に肌の保湿力を高めることができます。
下の図は、2種類のセラミドを複合した時の肌の水分蒸散量を計ったもの。
1種類のセラミド(緑)よりも、2種類のセラミド(ピンク色)の方がはるかに蒸散量が減っていることがわかります。
保湿力の高さがわかりますね。
5つのセラミドを複合的に調合したローションですので安心して1日お過ごしいただけます。


【2000倍濃縮 ヒト幹細胞培養液を贅沢配合】

弊社社長は、本物を求めモノづくりが大好きで、長年幹細胞についても研究をおこなってきました。その中から、市場に多く出回る幹細胞培養液は出本が不明なもの、幹細胞本来の数が希釈され過ぎて、効果が現れないものなど本来の効果を発揮できない素材をよく見かけるようになり、より本物ののみを使った化粧品を作り続けることに意味があると一貫した姿勢を貫いています。

今回は、東京大学卒の医学博士のサポートのもと、濃縮培養された幹細胞を浄化し、不純物を一切取り除いたスクリーニングをかけたもののみを使用することに成功しました。
1滴は他社品に比較して2000倍の幹細胞を含んでいます。
肌の再生能力の違いをお分かりいただける1滴です。

幹細胞は多様な細胞に分化されるとされますが、弊社は使用するものは皮下脂肪から摘出した幹細胞のみ、化粧品としては真皮細胞まで到達することを意図して設計しておりますので、真皮細胞の再生を促進することを目的としています。

とにかく多くの成長因子が真皮へ届く実感はターンオーバーを繰り返した2〜3か月目にはおわかりいただけるはずです。


毎日が優雅で楽しくなるローションです。


1回あたり3振り程度を時間をおいて3回ほどこすらず、手のひらで顔を覆うように真皮へ向かって浸透させます。肌が水分で保湿されていく感覚を実感してください。


朝晩の2回、続けてお使いください。


毛穴を落とすこともローション前のエチケット
同シリーズのクレイパックはこちらから
【Dr .@more クレイパック 4,180円(税込)】
https://atmore.buyshop.jp/items/69134084

【おすすめの使用方法】

1回あたり3振り程度を時間をおいて3回ほどこすらず、手のひらで顔を覆うように真皮へ向かって浸透させます。肌が水分で保湿されていく感覚を実感してください。

使用量に個人差はあります。
乾燥する季節には多めにつける量を増やす、外出が多い際には塗布の回数を増やして水分量を上げるなど臨機応変にお使いいただけると良いと思います。

  • レビュー

    (9)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥7,480 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品